空き家とは
Vacant House

空き家とは
Vacant House

空き家についてご存知でしょうか?
見た目の判断だけではなく、国の法律として定められた物件、
法律の内容に沿って基本的な指針を打ち出したものがあります。

居住していないことの基準

  • 建築物の状況や管理の程度
  • 人の出入りの有無
  • 電気・ガス・水道の使用状況
  • 所有者の登記や住民票の内容
  • 所有者の主張などから客観的に
    空き家かどうか判断すること

そして常態化の基準としては、
年間を通して使用されていないことなどから 判断することを挙げている。

所有者が誰かを特定する方法としては、
不動産登記住民票戸籍謄本などの利用に加え
これまで認められていなかった固定資産課税台帳も必要な限度において
利用できるものとしている。

また空き家の活用のためには、所有者の意向を聞き取りながら、 適切な管理方法や専門業者情報などを紹介することも必要とする一方、 例えば空き家データベースの情報を宅地建物取引業者の我々ラピスラズリなどを通じて公開し、 購入や賃貸を検討する人に広く提供すること、 市区町村が空き家を修繕して地域の交流スペースなどに利用することなども例示しています。

ラピスラズリのサービス内容